おしゃれな雑貨を取り入れて日常生活を明るくする

おしゃれな家庭の雑貨インテリア何故かはおしゃれなものが多い

おしゃれな雑貨を取り入れて日常生活を明るくする 私が、普段から思っていることを書きます。それは、「何故か、おしゃれな雰囲気な家庭のインテリアは、値段は高くないのにおしゃれな雰囲気なものが多い」ことです。これは、私が、学生時代に経験した話ですが、特別、可愛いわけでもなく、ごく平凡な中学の同級生の自宅に、お泊りでお招きされた時の話です。そのこの自宅に入るのは、初めてでしたがまず、門をくぐって玄関に入るまでのわずかな距離なんですが、植物のインテリアグッズが可愛いんです。とりあえず、自宅にお邪魔すると、なんか、お部屋全体が、白の壁に茶色のフローリング、ごちゃごちゃとモノが置かれていなくて、所々におしゃれな雑貨が、置かれている、ただそれだけでした。当然、この友達の部屋もそうだろう、と思いながらお部屋に案内されて驚きました。

なんと、そのこの普段の印象からは、想像もつかない、派手具合なお部屋だったのです。もちろん、壁は、一階の壁同様白色ですが、ベッドは、ピンク色のヒョウ柄の布団にマット。とにかく、目の前の寝具に目がいってしまいましたが、何故かどこか、落ち着いていて、おしゃれな雰囲気でした。よく見てみると、壁に貼られているのは、大きなコルクボードに、思い出の品、と書かれていて、様々な形にきれいに切り取られた写真。本棚の上には、小さなペアのお人形が、2つ。机の上には、余分なものは、無いのですが、何故か、おしゃれな形のペン立てなどがありました。とにかくおしゃれな雰囲気の家だったので、その子に訪ねてみると、彼女の家にある、おしゃれな雑貨屋インテリアグッズは、殆ど、同じアンティークなお店で一式を揃えているそうです。その子のオタクにお邪魔して、学んだことは、「おしゃれは、ブランド品ではなく、その人の個性を引き出すものを引き出すもので、揃えるもの」だということです。

おすすめ

Copyright (C)2017おしゃれな雑貨を取り入れて日常生活を明るくする.All rights reserved.